風俗のバイトで月50万円稼ぐには!

短時間でも月に50万円稼ぐには?

 月収50万円という金額は、年収に換算すると600万円になります。日本のサラリーマンの平均年収は400万円前後なので、サラリーマンであれば管理職、もしくは薬剤師や看護師といった国家資格を持った人しか稼げない月収に当たります。しかし、風俗のバイトであれば比較的ハードルの低い月収です。それこそ、サラリーマンと同じように週5日も働いていれば、簡単に月収50万円以上を稼ぐことが出来ると思います。
 しかし、せっかく高収入を稼ぎやすい風俗のバイトをしている訳ですから、中にはサラリーマンほど働きたく無いと考える女の子も多いのではないでしょうか。私の同僚に限ってしまえば、大抵の子は週2~3日しか出勤していません。短い時間で人並みのお給料を稼いで、後は自分の好きな時間に充てれることこそ、風俗のバイトをしている最大のメリットと言えると思います。
 そこで、どのようにすれば日本のサラリーマンの平均月収以上である月50万円というお給料を短期間に稼ぐことが出来るかについて、私なりのオススメの方法を紹介したいと思います。

まずは、お店選びから!

 当たり前のような話ですが、お店選びは重要です。その理由は風俗のお給料の仕組みに関係しています。風俗店のお給料の良し悪しは「バック率」次第です。バック率とは、簡単に言うと女の子の取り分の事で、1回のサービスに対する売り上げをお店と女の子で分け合います。多くのお店が折半、もしくは女の子が6割となっていますが、ごく稀に女の子に7割もくれるお店もあります。例えば、1回のサービス金額が2万円だった場合、折半のお店であれば、お店が1万円、女の子が1万円と分け合うことでお給料が決まってくるのです。つまり、バック率が高いお店であればあるほど、高収入を稼ぎやすいという訳です。バック率はお給料のベースとなるものなので、風俗のバイト先を選ぶ基本事項になります。是非覚えておいてください。ちなみに、このバック率とは、あくまでも基本サービスに対するバック率で、これ以外にも指名料やオプション料金に対するバック率も別にあります。もちろんお店によって条件が違いますので、こちらは全額バックのお店を探すように心掛けてください。指名料やオプション料金は、大体1,000円~5,000円になります。これらは、風俗嬢である貴女の頑張り次第による所が大きいので、全額自分がもらえるものとして意識しておくと良いと思います。
 分かりやすくお給料のシミュレーションをすると、1回のサービス金額が2万円、貴女の指名料が1,000円、顔射やごっくんなどのオプション料金が5,000円だった場合、サービス金額の2万円はお店と折半して、残りの指名料やオプション料金は女の子へ全額バックだとすれば、1回のサービスで1万6,000円がお給料となる訳です。

 後は1回のサービス時間が何分かにより、1日に働ける本数が決まります。もちろんサービス時間が長ければ長いほど金額は高くなりますが、1日に取れるお客さんの回数は少なくなってしまいますので、長ければ良いという訳ではありません。
 基本的に風俗のバイトと言えど、1日に5時間~7時間は働くのが一般的です。5時間もあれば、5人のお客さんを取ることが出来ますので、日給5万円以上は稼ぐことが可能です。つまり、月に10日働けば50万円以上稼げるという訳です。月に10日であれば、週2日だけ働くイメージですね。まずは、この出勤ペースをイメージしてみることがオススメです。

『鬼出勤』はしない!

鬼出勤とは、ほぼ毎日出勤すること 風俗業界には『鬼出勤』という言葉があり、生理休暇以外は毎日働くことを指します。これは、借金で大金が必要などの特別な理由が無い限りはしないようにしてください。短期的にも長期的にも良い事はありません。風俗のバイトをする女の子にとって大金を稼ぐ事は簡単です。出勤日を増やしたり、勤務時間を長くすれば良いだけなので誰でも出来ます。本当に難しい事は、身体的にも精神的にも健康で居続ける事です。体調を崩してしまえば、当日欠勤などの罰金で余計な出費が増えますし、精神的に不安定なまま接客をすればお客さんを満足させる事が出来ずに指名客を増やせませんし、反対に減らしてしまう可能性だってあります。週2日程度の十分過ぎる余裕を持って働く事で、心身ともに健康なまま、高収入を稼ぐ事が出来るのです。それに何時でも会える女の子よりも、お客さんに「やっと会えた」と言わせるくらいプレミア感のある女の子でいたいと思いませんか。
 そう思ってもらう為には、自分で努力する事も必要です。出勤日を減らす代わりに、どうやったらお客さんの人気を掴んで、より多くの人から指名をしてもらえるかを考える時間を増やすべきです。

お休み中もお客さんへのアピールを忘れない!

ブログに載せる写真は男受けを重視 昔とは違い、お客さんが風俗を利用する場合は、必ずお店のホームページをチェックしています。自分が働いているお店が在籍嬢のブログ日記を用意している場合は、必ず参加しましょう。出勤日はもちろんの事、お休み中でも更新するようにすると効果的です。日常的に風俗嬢のブログ日記をチェックしている男性は、びっくりするくらい多いですよ。ブログ日記の内容も何でもいい訳ではありません。少しエッチな写真と一緒にお店に来たくなるような話題を選びましょう。
 私の経験では、お休み中にお風呂でスキンケアをしている写メ日記を書いた後の出勤日には指名客が一気に増えました。面倒ではありますが、コメントには丁寧に返信することで、より多くの人が注目することにもなります。始めの内は自分でコメントを投稿して、自分で返信するなんていうのも良いかもしれません。そうやって、返信をしてくれる女の子だというイメージを植えつける事で自分もコメントしてみようと思う男性客も多いはずです。

目標は高く!お店に必要とされる風俗嬢に!!

 このような地道な努力を重ねる事で指名客を増やしていけば、お客さんをお店に呼べる女の子として、お店のスタッフも見る目が変わってきます。指名にあぶれたお客さんの一部はお目当て以外の女の子に流れる可能性があるからです。こうなると、週2日の出勤でも出勤日になれば、お店が率先して出勤をアピールしてくれますし、『レア出勤』と位置づけて積極的に営業活動をしてくれます。当然バック率だって高くなりますし、バック率が高くなれば1日の出勤時間を短くする事も出来るので、より短時間で高収入を稼ぎやすくなるのです。
 風俗のバイトは簡単に稼ぎやすいからこそ深く考えずに働いている女の子が多かったりします。しかし、自分で考えて努力をした分、大きな見返りがあるのは一般的なお仕事と同じです。自分のお仕事に誇りを持って、一生懸命取り組む事こそ、自分自身を大切にしている事なんだと、歳を重ねた今だからこそ、強く思うようになった今日この頃です。
 最後に、私が風俗のバイトを探したサイトはこちらを利用しました。皆さんも自分に合ったお店を見つけて、納得のいくお給料が稼げるようになれるよう、少しでも役に立つ情報を書いていきたいと思います。